スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシュ・フロー計算書を見るポイント

キャッシュ・フロー計算書では、企業の決算時点までの現金の出し入れを把握できます。

現金は商品の原料を仕入れたり、固定資産を買うことで減少し、
商品売上を回収することで増加します。

企業は普通借金をしたり掛けで原材料の売り買いをしているので、
返済日に現金がないと、利益が出ていても倒産するかもしれません。

そのため、今現金が手元にいくらあるかが重要な情報になります。

とりあえず企業が健全なお金の管理をしているかどうか、最低限押さえておくべきポイントは
以下の項目です。

・「営業活動によるキャッシュ・フロー」がプラスであること
これがプラスの場合は、業務で稼いだ利益が実際に現金化されていることを表します。

・「投資活動によるキャッシュ・フロー」がマイナスであること
これがマイナスの場合は、会社が成長するために投資を行っていることを意味します。

・「財務活動によるキャッシュ・フロー」がマイナスであること
これがマイナスの場合は、ちゃんと配当金を出していたり、借金を返済できている
ことを意味します。

例えば営業キャッシュ・フローがマイナスで、それを補うために借金を増やして
財務キャッシュ・フローがプラスになっていたりすると、財務が悪化しているととらえることができます。

まさに自転車操業です。

jitensya





スポンサーサイト

損益計算書を見るポイント

損益計算書(P/L=Profit and Loss Statement)では、
企業の決算時点での利益を把握できます。

利益は商品を売って得たお金(売上)から商品を作るのに
かかった費用を引いて残った金額です。

とりあえず経営が安定しているかどうか、最低限押さえておくべきポイントは
以下の項目です。

・売上高
商品の売り上げ規模を示す数値です。売上が増加していれば業界で
シェアを拡大しているということになります。

・営業利益
本業の利益を示す数値です。売上と比例して大きくなっていれば、
その企業が安定して成長しているということになります。

・営業利益率
「営業利益÷売上高」の式で求められる、売上に対する利益率です。
売上に対する利益が大きいほど、儲けの大きい商売ということになります。





貸借対照表を見るポイント

貸借対照表(B/S=Balance sheet)では、企業の持つ財産の内訳を把握できます。

企業は資本金と借金(負債)を元手にして、事業活動に必要な資産を購入しています。
この元手(貸方)と資産内容(借方)の表がB/Sになります。

とりあえず企業が危ないかどうか、最低限押さえておくべきポイントは
以下の項目です。

・流動比率
「流動資産÷流動負債」の式で求められる比率で、短期の借金に耐えられる
強さを表す数値です。現金収入の多い企業(鉄道、電力など)は比率が低くても
大丈夫ですが、一般的には高い方が(200%くらいが)望ましいとされます。
借金自体が多くても流動比率が安全圏ならば、それほど心配する必要はありません。

・棚卸資産
在庫の増加率です。前期と比べて大幅に金額が上がっていたら、それだけ商品が
売れ残ってしまったことをあらわします。

・売掛金
とりあえず現金ではなくツケで商品を売った事実が反映される項目です。前期と比較して
大幅に売掛金が増加していた場合、売上と利益を計上するために、無理やりツケで
商品を売った可能性があります。
売掛金は、回収が実現していないお金なので、貸し倒れのリスクがあります。

kakeuri






財務諸表について

ファンダメンタル分析の元ネタは財務諸表になります。

財務諸表は通常、各企業のホームページで公開していますし、
日経新聞のウェブサイトからも無料でダウンロードできます。

上場企業は主に以下で構成される財務諸表を決算期ごとに公開する義務があります。

・貸借対照表       →企業の決算時点での財産の内訳を示した表。
・損益計算書       →企業の決算時点までの費用と収益の内訳を示した表。
・キャッシュフロー計算書 →企業の決算時点までの現金の出し入れの状況を示した表。

これらで構成される財務諸表を見ることで、その企業がどんな経営状態なのかが
だいたい分かります。

私が株式優待の次に企業に惚れるポイントとして興味を持ったのは、この財務諸表が
いかに美しいかということでした。

見ると言っても細かい調査は必要ありません。各項目の数字は計算書上はほとんど
ブラックボックスなので、真面目に調べるとなれば大変なことになると思います。

またある決算期の財務諸表だけでなく、過去にさかのぼって同じ項目を比較すると、
企業がどんな状況なのか把握することができます。

zaimu




ファンダメンタルとテクニカル

株式投資の世界には「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」という言葉があります。
大まかに以下のような意味合いになります。

・ファンダメンタル分析 →財務諸表の情報から企業価値を調べる分析方法
・テクニカル分析    →株価チャートの上げ下げで売買のタイミングを判断する分析方法

これから長年付き合っていく銘柄を選択する際には、日ごろ慣れ親しんでいる
ブランドイメージの他に、ファンダメンタル分析に基づいて経営の健全性を確認する
ことが重要になってきます。




プロフィール

b.q.gourmet

管理者: b_q_gourmet

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
フリーエリア
現在までの訪問者数:
現在の閲覧者数: ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ ブログ王
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
735位
アクセスランキングを見る>>
キャラ紹介
新実先輩
隣のおじさん
彦根くん
大輝
コーナー

おじさんのポジション

●吉野家(9861) 買い 108700円 2株 (4/15)
(200000円になったら売るぞ!)
●カプコン(9697) 買い 1519円 200株 (4/15)
(2800円になったら売るぞ!)
●東レ(3402) 買い 669円 1000株 (4/17)
(少なくとも1年間持ち続けるぞ!)
●レンゴー(3941) 買い 493円 1000株 (05/09)
(600円になったら売るぞ!)


おじさんの利確銘柄

●大崎電気工業(6644)
買い 480円 1000株 (04/23)
売り 570円 1000株(05/09)
+ 90,000円


株価ブログパーツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンク(株関連以外)
b_q_gourmetのお友達の漫画家、
じゃんぽーる西さんのブログです。

つつじヶ丘通信
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。